デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は、新薬を通じて社会に貢献するベンチャー企業です。

開発情報

開発情報

Q. グラナテック®点眼液0.4%の進捗状況を教えてください。
A. 2014年12月2日に、興和株式会社にて国内販売が開始されました。販売名は「グラナテック®点眼液0.4%(一般名:リパスジル塩酸塩水和物)」となっております。詳細はこちらをご参照ください。
Q. グラナテック®点眼液0.4%はどのくらいの売上を想定していますか?
A. 新薬の売上を想定することは困難ですが、新医薬品の薬価基準収載時に、新薬収載希望者の市場規模予測が発表されております。当社の売上予想は、中期経営計画(平成28年12月期~平成30年12月期)をご参照ください。
Q. K-134の進捗状況を教えてください。
A. K-134は、閉塞性動脈硬化症に伴う間歇性跛行症状を対象疾患として開発が行われておりましたが、平成26年12月に終了した国内後期第Ⅱ相臨床試験の結果を総合的に検討した結果、閉塞性動脈硬化症を適応症とした開発は中止されました。他適応症への応用につきましては、ライセンスアウト先の興和株式会社にて検討されています。
Q. WP-1303(H-1129)の進捗状況を教えてください。
A. 2013年3月に、わかもと製薬株式会社にライセンスアウトし、2016年3月に国内第Ⅰ相臨床試験が開始されました。
Q. どんな開発品がありますか?
A. 事業内容のパイプラインをご参照ください。
PAGETOP
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
名古屋市中区錦一丁目18番11号
TEL : 052-218-8785
Copyright © デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 All Rights Reserved.