デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は、新薬を通じて社会に貢献するベンチャー企業です。

開発体制

2つのグループによる開発体制

control

当社の開発研究所は、合成化学グループと生物科学グループの2つのグループから成り立っております。両グループの研究員は、化合物の合成・評価をしながら開発を進めており、開発の過程では、両グループの意見交換が活発かつ機動的に行われております。

合成化学グループの取り組み

合成化学グループは、当社独自の化合物ライブラリーの化合物データを基に、特許出願可能な化合物を合成しています。その合成した新規化合物は、生物科学グループに渡され、評価試験を行います。合成化学グループは評価試験結果を基に、化合物を更に改良し、より高い有効性(薬効)と安全性を発揮する化合物を合成します。この過程を繰り返して新薬候補化合物を創製していきます。

生物科学グループの取り組み

生物科学グループは、合成化学グループが合成した化合物について動物での試験などを行い、化合物の有効性(薬効)や安全性を評価します。その評価は常に合成化学グループにフィードバックされ、更に改良された化合物を再度評価するという過程を繰り返します。また、これらの過程が繰り返されて、最終候補化合物が見出されると、ドラッグ・ウエスタン法を用いて、標的タンパク質を決定し、作用機序を解明することも生物科学グループが担当します。

産学官連携

当社の研究開発は、国立大学法人三重大学に当社が設置した産学官連携講座「臨床創薬研究学講座」において行われております。開発研究所は、三重県津市の同大学医学部に設置されており、大学の知識・設備を利用できることで効果的な研究開発が可能となっています。

当社と外部機関との関係図

relation

pdficon_large78KB(上図を拡大)

PAGETOP
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
名古屋市中区錦一丁目18番11号
TEL : 052-218-8785
Copyright © デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 All Rights Reserved.