デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は、新薬を通じて社会に貢献するベンチャー企業です。

研究開発について

開発研究所が行っている業務

当社の創業者である日高弘義(現代表取締役会長 兼 最高科学責任者)は、長年にわたって大学において細胞内情報伝達系の研究に従事しておりました。この細胞内情報伝達系の研究では、特にプロテインキナーゼ阻害剤を活用した創薬活動を進めており、その結果、当社設立以前に有用性の高い”first-in-class“の二つの医薬品の開発を国内の製薬会社と共同で行い、成功を収めております。

当社は、創業者が獲得したノウハウと経験を当社独自の創薬エンジンとして活用し、プロテインキナーゼ阻害剤の開発を中心とした低分子化合物の開発を目指すために設立されたディスカバリー・ベンチャーです。

当社の開発研究所は、新薬開発プロセスのうち上流に位置する基礎研究を行っており、探索段階初期の新薬候補化合物の創製を進めております。これらの基礎研究の中では、新薬候補化合物のデザインから合成、創製した化合物スクリーニングを行い、有望な新薬候補化合物選定までの開発を独力で行っております。

research

pdficon_large229KB(上図を拡大)

PAGETOP
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
名古屋市中区錦一丁目18番11号
TEL : 052-218-8785
Copyright © デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 All Rights Reserved.