デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は、新薬を通じて社会に貢献するベンチャー企業です。

会社沿革

沿革

1999年 2月 医薬品研究開発を目的とした、有限会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所を愛知県名古屋市昭和区に設立
2002年 9月 興和株式会社と抗血小板剤(K-134)の開発および実施契約、緑内障治療剤(K-115)の開発および実施契約を締結
2004年 7月 抗血小板剤(K-134)の欧州第Ⅰ相臨床試験開始
11月 有限会社より株式会社へ組織変更(資本金 10,000千円)
2005年 4月 抗血小板剤(K-134)の欧州第Ⅰ相臨床試験終了
12月 愛知県名古屋市中区に本社移転
2006年 4月 抗血小板剤(K-134)の国内第Ⅰ相臨床試験開始
7月 緑内障治療剤(K-115)の国内第Ⅰ相臨床試験開始
抗血小板剤(K-134)の標的タンパク質同定に成功
12月 臨床的に必要性の高いシード化合物の探索を行う創薬事業と臨床試験および治験を行う人材の育成、拠点の整備、システム研究を行うことを目的として、国立大学法人三重大学と産学官連携講座共同研究契約を締結し、同大学内に「臨床創薬研究学講座」を開設
2007年 10月 抗血小板剤(K-134)の国内第Ⅰ相臨床試験終了
緑内障治療剤(K-115)の国内第Ⅰ相臨床試験終了
2008年 7月 抗血小板剤(K-134)の国内前期第Ⅱ相臨床試験開始
12月 抗血小板剤(K-134)の米国前期第Ⅱ相臨床試験開始
2009年 3月 緑内障治療剤(K-115)の国内前期第Ⅱ相臨床試験開始
10月 ジャスダック証券取引所NEO(現 東京証券取引所 JASDAQ(グロース))に株式上場
2011年 1月 抗血小板剤(K-134)の米国前期第Ⅱ相臨床試験終了
緑内障治療剤(K-115)の国内第Ⅱ相臨床試験終了
6月 抗血小板剤(K-134)の国内前期第Ⅱ相臨床試験終了
9月 緑内障治療剤(K-115)の国内第Ⅲ相臨床試験開始
2012年 1月 抗血小板剤(K-134)の国内後期第Ⅱ相臨床試験開始
2013年 3月 わかもと製薬株式会社と日本における緑内障治療剤(WP-1303[H-1129])の開発・製造・使用および販売の再実施許諾権付き独占的実施権を許諾する契約を締結
4月 緑内障治療剤(K-115)の国内第Ⅲ相臨床試験終了
10月 緑内障治療剤(K-115)の国内製造販売承認申請(適応症:緑内障・高眼圧症)
12月 緑内障治療剤(WP-1303[H-1129])の非臨床試験開始
2014年 9月 緑内障治療剤(グラナテック®点眼液0.4%/K-115)の国内製造販売承認取得
12月 緑内障治療剤(グラナテック®点眼液0.4%)の国内販売開始
抗血小板剤(K-134)の国内後期第Ⅱ相臨床試験終了
2015年 6月 眼科用鎮痛剤の日本における開発・製造・使用及び販売の再実施許諾権付き独占的実施権を取得する導入契約を締結
11月 日本革新創薬株式会社を連結子会社化
2016年 3月 緑内障治療剤(WP-1303[H-1129])の国内第Ⅰ相臨床試験開始
4月 緑内障治療剤(H-1337)の非臨床試験開始
2017年 3月 緑内障治療剤(WP-1303[H-1129])の国内第Ⅰ相臨床試験終了

2017年3月現在

PAGETOP
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
名古屋市中区錦一丁目18番11号
TEL : 052-218-8785
Copyright © デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 All Rights Reserved.