デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は、新薬を通じて社会に貢献するベンチャー企業です。

特徴

早期のライセンスアウト

当社の創薬事業の特徴は、一般的な医薬候補品を開発するベンチャーに比べて、比較的早期の研究開発段階においてライセンスアウトが達成される点にあります。
早期の研究開発段階においてライセンスアウトを達成することによる効果は以下の通りです。

    1. 早期のライセンスアウトによって、支出の安定化を図ることができる。
    2. 経営資源を自社の強みである基礎研究に集中できる。

創薬アプローチ

当社の開発研究所は、新薬開発プロセスのうち、上流部分である基礎研究を行っております。具体的な研究開発活動としては、基礎研究においてドラッグデザイン・化合物合成・薬効や安全性試験等を経て、化合物スクリーニングからリード化合物の選定・最適化までを行っています。

これらの基礎研究における当社の研究開発の特徴は、その創薬アプローチにあります。
一般的な創薬アプローチでは、対象疾患のメカニズムから能率的なスクリーニング法を用いて、巨大なライブラリーから治療薬としてふさわしい化合物を見つけるといった方法が採られます。それに対し当社では、創薬エンジンである「化合物ライブラリー」からリード化合物を選定し、vivo(生体内)スクリーニングを経て最適化した後、もう1つの創薬エンジンである「ドラッグ・ウエスタン法」によって作用機序を明らかにし、ターゲット決定を行います。
開発研究所では、合成化学グループと生物科学グループの緊密な連携により、この一連のプロセスを効率的に進めています(開発体制)。

approach

pdficon_large111KB(上図を拡大)

創薬エンジン

当社の創薬エンジンについては、こちら(基盤技術)をご覧ください。

PAGETOP
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
名古屋市中区錦一丁目18番11号
TEL : 052-218-8785
Copyright © デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 All Rights Reserved.