デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は、新薬を通じて社会に貢献するベンチャー企業です。

成長戦略

成長戦略 ~成長を実現する2つの施策とは何か?~

私たちは、「日本発の画期的な新薬を世界へ」というビジョンの実現にむけて、眼科領域に注力し、2つの重点施策を両輪として更なる成長と企業価値の向上を目指しています。

事業領域の拡大

当社は「薬のタネ」を製薬会社等に提供することで収入を得ています。この「薬のタネ」を小さな「ツボミ」にまで育てて提供する、さらに言えば「果実」としてから提供するのでは、得られる収入は当然大きく変わってきます。これまでは、「薬のタネ」の状態で提供してきましたが、タネを育ててから提供することで、より大きな収入を得ることを目指していきます。これが私たちの目指す「事業領域の拡大」です。具体的には今まで手掛けてこなかった「非臨床試験」以降の取り組みに踏み込むことであり、既に着手しています。

可能性を拡げる協業

2015年11月に、ロート製薬株式会社と共同で出資し、日本革新創薬株式会社(以下、JIT)を連結子会社といたしました。JITは、臨床開発のノウハウがあり、我々が生み出した1を2や3にすることを得意としております。当社は、JITを通じて臨床開発事業へ進出することができ、今後も順調な開発の進展をグループ一体となって進めてまいります。

ビジネスモデル ~基礎研究から早期臨床開発までを事業領域へ~

 

開発パイプラインの充実

バイオベンチャーや製薬会社が保有する新薬候補化合物のことを「開発パイプライン」と呼びます。
この開発パイプラインは、我々バイオベンチャーの命そのものです。
開発パイプラインを多く有することは、成功リスクを分散し、将来の収益力および企業価値に大きく影響します。
我々は、市場性や希少性を踏まえて対象疾患を選定し、開発パイプラインの拡充に努めております。

当社 開発パイプラインの状況

当社 開発パイプラインの状況

pdficon_large118KB(上図を拡大)

 

日本革新創薬(株) 開発パイプラインの状況

日本革新創薬(株) 開発パイプラインの状況

pdficon_large77KB(上図を拡大)

 

PAGETOP
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
名古屋市中区錦一丁目18番11号
TEL : 052-218-8785
Copyright © デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 All Rights Reserved.