Point 4

成長の軌跡

着実な収益基盤の構築

創薬事業は、開発に長い年月と多額の投資が必要になるため、売上高に加え、将来の収益の元となる開発パイプラインの進捗が重要です。
当社の開発パイプラインは着実に進捗しております。

売上高

  • H-1337、自社初となる臨床試験を実施
  • DW-1002(日本)P3終了
  • DW-1001、DW-1002(日本)のライセンスアウト達成
  • リパスジル(グラナテック®点眼液0.4%)(韓国)、DW-1002(米国)承認取得
  • K-321(フックス角膜内皮変性症)(米国)P2開始
  • DW-1002(米国)販売開始
  • リパスジル(グラナテック®点眼液0.4%)(アジア)承認取得

開発品の推移

上市品の販売対象国・地域