創薬事業

ビジネスモデルについて

薬の開発には基礎研究から始まり、非臨床試験、臨床試験(フェーズⅠ、Ⅱ、Ⅲ)の段階を経て、承認申請を行います。承認を受けると市場に販売(=上市)されます。

当社は、新薬開発の上流である基礎研究から初期の臨床開発までに経営資源を集中させております。
これらの研究開発活動で得られた結果(開発品)は、製薬会社等へライセンスアウトしております。

当社の主な売上高は、下記の通りです。
1.ライセンスアウト時に受領するフロントマネー収入
2.臨床試験進行に伴いその節目毎に受領するマイルストーン収入
3.製品上市後販売額の一定比率を受領するロイヤリティ収入

従来は、基礎研究に注力しておりましたが、これらの研究成果を今まで以上に活かすため、研究のみではなく開発も行う自社創薬開発型へとシフトしております。

当社の創薬・開発~ライセンスアウトの流れ

自社創薬開発

独自の基盤技術で創薬の種を創出し、一定段階まで開発

導入品の開発

他社の開発品を導入して一定段階まで開発

コラボ創薬

第三者との共同で新薬創製して開発は第三者が行う

当社の開発品(パイプライン)について

詳細は各パイプラインのページをご参照ください。