リパスジル塩酸塩水和物

①緑内障・高眼圧症【グラナテック®点眼液0.4%】

本剤は、緑内障治療剤として世界で初めての作用機序を有する点眼剤です。
プロテインキナーゼの一種である、Rhoキナーゼを阻害し、線維柱帯ーシュレム管を介する主流出路からの房水流出を促進することで、眼圧を下降させます。

2002年に興和株式会社にライセンスアウトし、開発が進められた結果、2014年12月より「グラナテック®点眼液0.4%」という製品名で、国内で販売されております。
※リパスジル塩酸塩水和物の全世界・全権利を興和にライセンスアウトしているため、以下②③は興和によって開発が進められております。

②フックス角膜内皮変性症【K-321】

本剤は、Rhoキナーゼ阻害剤であることから、眼内にあるキナーゼに作用する可能性があることが示唆されており、他眼科疾患への適応可能性が検討されておりました。その取り組みの一つとして、フックス角膜内皮変性症の開発が進められております。
フックス角膜内皮変性症は、角膜内皮細胞に障害が起こった結果、角膜浮腫・混濁が生じ、視力が低下していく疾患です。
日本での患者数は少ないですが、欧米では多く見られる疾患です。
有効な治療薬はなく、角膜移植手術が治療手段となっている為、当社の化合物が治療薬となることを期待しております。

③緑内障・高眼圧症【K-232・配合剤(リパスジル塩酸塩水和物とブリモニジン酒石酸塩)】

リパスジル塩酸塩水和物を含む初めての配合点眼剤として、開発が進められております。
緑内障治療においては多剤併用が標準的であるため、配合剤にすることで、患者様のQOL向上を目指しております。

①緑内障・高眼圧症
【グラナテック®点眼液0.4%】
ベトナム
韓国
シンガポール
マレーシア
タイ
日本
②フックス角膜内皮変性症【K-321】
米国
③緑内障・高眼圧症
【K-232・配合剤
(リパスジル塩酸塩水和物とブリモニジン酒石酸塩)】
日本
対象疾患 ①緑内障・高眼圧症
②フックス角膜内皮変性症
③緑内障・高眼圧症
開発ステージ ①上市(日本)、承認(アジア4ヶ国)、承認申請(ベトナム)
②第二相臨床試験(米国)開始
③承認申請(日本)
パートナー 興和株式会社へライセンスアウト

開発進捗

関連IR資料(最新)

①緑内障・高眼圧症【グラナテック®点眼液0.4%】

  • 2020.08
    承認(タイ)取得
  • 2020.07
    承認(マレーシア)取得
  • 2020.03
    承認(シンガポール)取得
  • 2019.02
    承認(韓国)取得
  • 2014.12
    販売(日本)開始
  • 2014.09
    製造販売承認(日本)取得
  • 2006.07
    興和株式会社により第一相臨床試験(日本)開始
  • 2002.09
    リパスジル塩酸塩水和物の全世界の権利を興和株式会社にライセンスアウト

②フックス角膜内皮変性症【K-321】

  • 2019.08
    第二相臨床試験(米国)のIND申請*
    *治験許可申請

③緑内障・高眼圧症【K-232・配合剤(リパスジル塩酸塩水和物とブリモニジン酒石酸塩)】

  • 2021.11
    製造販売承認申請(日本)
  • 2020.02
    第三相臨床試験(日本)開始